審美歯科ブログ

きれい・格安・長持ちするセラミックは神田ふくしま歯科の審美歯科

オールセラミックの症例 歯茎が下がってしまった場合の審美歯科治療

審美歯科治療後のオールセラミックがどうなるかお考えの方はそれほど多くはないかと思います.

オールセラミックを交換する事になる1番の理由は5年10年して歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまう場合です。歯茎が下がらないように定期的には歯科医院でメンテナンスをする必要があります.

オールセラミックを入れた後、定期的なクリーニングを行っている方が少ない事からも、オールセラミックが放置して歯茎が腫れたりしてしまうと歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまうという事をご存じないのかもしれません.

ただ、審美歯科治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行った場合は、歯茎が下がりにくくなりますので、予後が良くなります.

歯ぐきの再生治療と審美歯科治療を合わせて行ったケース


歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまったケース
こうなってしまっては、オールセラミックを再治療しないと審美歯科治療をした意味が無くなってしまいます.
オールセラミックの再治療と、歯ぐきの再生治療を行います.


オールセラミック治療と歯ぐきの再生治療を行った後の状態.
歯の長さが短く平均的な歯の長さに戻っています。

審美歯科治療を行う場合は、歯ぐきの再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.多くの医院では歯ぐきの再生治療を行っておりませんので、治療ご希望の方はお問い合わせください.

無料カウンセリングお問い合わせ
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 JR神田駅北口より徒歩1分
0120−25−1839
03−3251−3921