審美歯科ブログ

きれい・格安・長持ちするセラミックは神田ふくしま歯科の審美歯科

オールセラミックの歯茎が下がり始めたら早期治療がおすすめです.

オールセラミックで治療をされた歯の歯茎が下がってきてしまう事があります.10年もすると歯茎が下がって黒ずんんでしまうことがよく有ります。

ご自身で気付く場合や、メンテナンス時にわかる事があります.こういった場合,歯茎が下がりすぎて歯の根っこに虫歯が出来る前に歯茎を回復させる歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.

これは、歯茎が下がった部分に虫歯が出来て黒くなると差し歯ごと交換しなくてはいけなくなってしまうためです。
虫歯になる前でしたら、差し歯を交換しないで歯ぐきの再生治療のみで処置が終了します.

オールセラミックの歯茎が下がってしまった場合は、早期発見、早期治療がおすすめです.このケースでは、オールセラミック をそのままの状態で歯茎の再生のみを行いました。


治療前,オールセラミックの歯茎が下がり始めて歯の根っこが見え始めてしまっています.昔より長くなった感じがしたそうです.

オールセラミックの差し歯はそのままで、歯ぐきの再生治療を行いました.歯茎の位置が回復してセラミックを覆っています.

審美歯科の詳しい解説は専門ページもございますのでご覧ください.
審美歯科の専門ページ

お問い合わせ
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス
JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)
03−3251−3921
0120−25−1839

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。
お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療を行っております。

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)かかりました。

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。


リスク

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。
歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。