審美歯科ブログ

きれい・格安・長持ちするセラミックは神田ふくしま歯科の審美歯科

差し歯の歯茎が下がって、歯が長くなってしまった時の審美歯科治療

差し歯を入れた後、しばらくして歯茎が下がってきてしまうことがあります。

下のお写真の様に差し歯の根元の歯が黒く見えているのが歯茎の下がってしまった部分になります。見た目が悪くなってご相談にいらっしゃる場合が多いです。

 

f:id:sirayuri30:20180120075010j:plain

また、見た目以上に、虫歯にもなりやすいため、差し歯を抜く原因にもなってしまうことになることもあります。お早めに直すことをお勧めしております。

 

こういった、歯茎が下がってしまったケースでは、そのままオールセラミックなどの差し歯を作り出すだけでは、歯の長さが長くなってしまいます。審美歯科治療と合わせて、歯茎の位置を回復させる歯茎の再生治療をすることで、歯の長さが左右で揃います。

f:id:sirayuri30:20180120075000j:plain

上のお写真は、前歯の虫歯になってしまっていた部分のオールセラミック 治療と併せて、画面左側の前歯と犬歯を歯茎の再生治療を行い、歯茎の位置を回復させております。

こういった治療は、あまり多くの歯科医院で行われていません。審美歯科治療 と歯茎の再生治療を合わせて行わないと出来ませんので、差し歯の再治療をされる際には、歯の長さを短く揃えられるか確認されてから治療をされることをお勧めしております。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03−3251−3921